報告:第2回 紀要編集者ネットワークセミナー

学術情報の国際発信力強化ー学術刊行物・紀要を中心にー

日時:2018年2月26日(月) 14:30-15:50
場所:京都大学稲盛財団記念館3階 中会議室

イベント詳細 >>

発表内容及び資料

趣旨説明(趣旨説明)

第1部
ジョン・ブリーン氏「Japan Review編集長の務め」
(国際日本文化研究センター、Japan Review誌エディター)(発表, 資料)

ジョン・ロブレグリオ氏「学術情報の国際発信力の強化」
(オックスフォード・ブルックス大学、大谷大学東方仏教徒協会 The Eastern Buddhist誌エディター)(発表)

冨岡達治氏「広がる機関リポジトリと紀要~つながりと識別子~」
(京都大学附属図書館)(発表,資料)

第2部ディスカッション
司会: ネイサン・バデノック氏(京都大学東南アジア地域研究研究所 Southeast Asian Studies誌エディター)
コメント: 鈴木哲也氏「“Journal–driven Research”を越えて――活き活きとした,国際的で「社会的」な学術コミュニケーションに必要なこととは何か? メディア特性から考えてみる――」
(京都大学学術出版会)(コメント, 資料)

質疑・応答/閉会の辞(質疑・応答・閉会の辞)